• 世界が認めた産業用重量物梱包材
  • トライウォール活用事例
  • ネットワーク
  • 物流課題の解決策
  • 1個からの注文販売
  • トライウォール用語辞典
  • 世界物流事情
  • 会社情報
  • HOME
  • トライウォールニュース
  • 商品一覧
  • ネットワーク
  • きょうのアンテナ
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • English
  • 中文
HOME > 世界の物流事情 > コンテナ貨物の濡損の危険性

コンテナ貨物の濡損の危険性

熊沢 紅二
トライウォール(株)・アドバイザー

Pages12345678

“汗濡れ”はいまも大問題!

  • 国際間の物流や大陸における長距離輸送を担う企業や物流会社のご担当者にとって、積荷(製品)の“汗濡れ”は、非常に頭の痛い問題でしょう。「輸送の途中で、海水や雨水がコンテナにはいったわけでもないのに!」という思いを持っておられることでしょう。在来船からコンテナ船に変わったいまでは、数量不足・盗難・破損などのクレームは著しく減少しましたが、“汗濡れ”は依然として大きな問題です。
  • とくにコンテナの場合は密閉性が高いだけにそうした現象が激しくでる場合もあり、注意が必要です。実際、コンテナカーゴのクレームの大半は“汗濡れ”事故だと言われているほどです。
  • これから書く文章を有益に活かしていただき、“汗濡れ”を防止し、輸送品質の向上にお役に立てていただきたいと思います。
Pages12345678

トップへ戻る