• 世界が認めた産業用重量物梱包材
  • トライウォール活用事例
  • ネットワーク
  • 物流課題の解決策
  • 1個からの注文販売
  • トライウォール用語辞典
  • 世界物流事情
  • 会社情報
  • HOME
  • トライウォールニュース
  • 商品一覧
  • ネットワーク
  • きょうのアンテナ
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • English
  • 中文
HOME > 世界の物流事情 > コンテナ貨物の濡損の危険性

コンテナ貨物の濡損の危険性

Pages12345678

“汗濡れ”を防ぐ解決策

“汗濡れ”を防ぐために

  • 輸送包装に関わる関係者にとってもっとも重要なことは、水分を大量に含む木材などの包装材料をコンテナ内からできるだけ少なくすることです。
    どうしても必要なときには、できるだけ乾燥したものを使用してください。このことを怠るといくら乾燥剤を使用しても無意味になります。このことが、トライウォールなどの含水率の低い工業製品が求められる理由です。
    木製パレットを使用した場合、1個30kgパレットを24個使用して、20フィートコンテナに積荷を積み込むと、コンテナ内の木材料は全部で720kgとなり、木材の含水量を30%とすると、水分量はなんと216kgにもなります。この水分量を減らすために木材の量を減らすことが必要なのです。

費用と効果を考えて

  • 数年に一度起こるか起こらないかわからない不確定な事象に対して、対策を進めることは非常に高価なものになります。対策はその事象の起こる頻度・製品に与える影響などを考慮して推進する必要があります。
    トライウォールは工業製品であり、包装材として良質であり安定しており、お客さまにも高い評価とご愛顧をいただいています。含水率も低く、木材と比べると重量比で10%ほどです。日本国内において、海外貿易貨物の包装材料として木材規制が迫る中、トータル物流コストの低減も含め、材料の変換を検討される時期ではないでしょうか。
Pages12345678

トップへ戻る