• 世界が認めた産業用重量物梱包材
  • トライウォール活用事例
  • ネットワーク
  • 物流課題の解決策
  • 1個からの注文販売
  • トライウォール用語辞典
  • 世界物流事情
  • 会社情報
  • HOME
  • トライウォールニュース
  • 商品一覧
  • ネットワーク
  • きょうのアンテナ
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • English
  • 中文
HOME > 世界が認めた産業用重量物梱包材 > ユニパック(Uni-Pak) > 他の産業用重量物梱包材との比較 > 木箱との比較

Uni-Pak

他の産業用重量物梱包材との比較

木箱との比較

  • 木箱に比べて、強さ、軽さ、作業効率、コスト、環境配慮で、ユニパック(Uni-Pak)が優れています。
  チェック項目 ユニパック 木箱
機能性 耐圧強度
耐衝撃強度
緩衝性 ×
耐候性
耐水性
防錆性 ×
航空輸送適性
効率性 収納スペース ×
組立時間 ×
梱包・開梱時間 ×
作業の安全性 ×
コスト 梱包材コスト
輸出フレート
内陸輸送費 ×
加工性 印刷可能 ×
環境性 CO2削減 ×
再使用可能性 ×
持続的生産 不明
消毒 ○必要なし ×必要

機能性では

  • 木箱の材質である木材にはつねに20%〜30%の水分が含有されています。それに対してユニパック(Uni-Pak)のスリーブに使われているトライウォール・パックの水分含有率は8%〜9%。錆びやすい製品にも最適です。また、コンテナ内での湿度の変化が少なくてすむため、製品に対する包装材への影響が最低限に抑えられます。
  • 荷受先の物流事情など必要に応じて、包装設計や物流コンサルティングをご提供しています。

効率性では

  • 作業効率、スペース効率、コスト効率において、木箱よりユニパックが優れています。ユニパック(Uni-Pak)はノック・ダウンで納入しますので、在庫スペースやツーウェイの復路における輸送時保管スペースを大幅に縮小できます。重量も軽く、誰でもカンタンに早く作業ができ、梱包・開梱時間が大幅に短縮できます。金槌や鋸を扱う際のケガの心配もいりません。

加工性では

  • ユニパック(Uni-Pak)のスリーブに印刷が可能です。

環境性では

  • ユニパック(Uni-Pak)は上下のパレットとスリーブで構成されています。スリーブに使用されているトライウォール・パックの「ハイドロクラフトライナー®」は世界規格の森林認証を得た森から計画的に伐採されたバージンパルプを使用していますので、持続的な生産が可能なエコプロダクツです。もちろん、リユースもリサイクルも可能。木箱より、環境側面においても優れています。また、ISPM NO.15(植物検疫措置に関する国際基準)で求められる外来害虫予防のための消毒処理の必要性もありません。パレットはプラスチック製で、リサイクル可能なマテリアルで、不必要になったらトライウォールの指定先へ返却が可能です。

コストでは

  • ユニパック(Uni-Pak)はツーウェイ物流の通い箱ですので、必然的に大きな初期投資が必要です。しかし、日本⇔海外の定期便で、継続的な物流が必要で、物流量がある場合は、トータルで考えればユニパック(Uni-Pak)システムの方がコストが安くなる場合が多くあります。ユニパック(Uni-Pak)の特徴は、木箱に比べて外容積が小さく、軽量。したがって、重量で輸送費が決まることが多い航空輸送ではコストダウンが可能。容積で輸送費が決まることが多い船舶輸送や陸上輸送でも、外容積の小さいユニパック(Uni-Pak)がコストダウンできます。この他、梱包資材費、保管経費、人件費など、さまざまな項目でユニパック(Uni-Pak)はコストダウンを実現します。

トップへ戻る