• 世界が認めた産業用重量物梱包材
  • トライウォール活用事例
  • ネットワーク
  • 物流課題の解決策
  • 1個からの注文販売
  • トライウォール用語辞典
  • 世界物流事情
  • 会社情報
  • HOME
  • トライウォールニュース
  • 商品一覧
  • ネットワーク
  • きょうのアンテナ
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • English
  • 中文

Uni-Pak

22のポイント

消毒不要

消毒不要

コスト削減

ユーザーニーズ

  • 自国の自然環境保全のため、木箱の薫蒸・消毒・熱処理・強制乾燥などの防疫義務を課している国が増えてきています。ISPM No.15(植物検疫措置に関する国際基準)の外来害虫予防を批准している主な国は、米国、オーストラリア、ブラジル、インド、中国、EU各国、ロシアなどXXヶ国(2007年00月現在)ですが、日本も2007年4月に批准しており、将来は他の国にも急速に波及するものと考えられます。木箱梱包による輸出は防疫費が嵩むことになりますが、ユニパック(Uni-Pak)は消毒の必要がありませんので、消毒費は不要です。

ISPM No.15国際基準マークの例


トップへ戻る