• 世界が認めた産業用重量物梱包材
  • トライウォール活用事例
  • ネットワーク
  • 物流課題の解決策
  • 1個からの注文販売
  • トライウォール用語辞典
  • 世界物流事情
  • 会社情報
  • HOME
  • トライウォールニュース
  • 商品一覧
  • ネットワーク
  • きょうのアンテナ
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • English
  • 中文

Uni-Pak

22のポイント

トータル物流コスト削減

トータル物流コスト削減

重要な特徴

  • ユニパック(Uni-Pak)は耐圧強度・耐久性・対衝撃性に優れ、国内はもとより輸出用・輸入用の通い箱として使用できます。リターナブルシステムですので、初期費用は大きくなります。しかし、長期的に見れば、ユニパック(Uni-Pak)は、梱包・荷役・輸送・保管など、物流の全行程のコスト削減に貢献しますので、結果として大幅なコストダウンが可能となります。軽量で積載効率が高いので、シッピングコスト、輸送コストが大幅に削減されます。また、在庫時にはコンパクトに折りたたみができ、保管スペースの省スペースを可能にし、保管料、出荷コストの削減にもつながります。また、梱包作業の大幅な簡素化に伴い、作業時間の大幅な短縮と人件費の削減を実現します。また、往路の組み立てボックスを1とした場合、復路は折り畳むことによりスペースは1/5〜1/6になり、復路の経済効率も高めています。

トップへ戻る